やきにくとくにきや

WEBサービスとイベントに夢見るエンジニアの技術メモ、チラシの裏。そして焼肉たべたい

WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! と怒られる

   

先日vagrantの開発環境を入れ替えたら発生したのでメモ。

[shell]
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@ WARNING: POSSIBLE DNS SPOOFING DETECTED! @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
The RSA host key for hostname has changed,
and the key for the corresponding IP address 192.168.4.52
is unknown. This could either mean that
DNS SPOOFING is happening or the IP address for the host
and its host key have changed at the same time.
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@ WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that the RSA host key has just been changed.
The fingerprint for the RSA key sent by the remote host is
f2:1a:a1:c0:51:8c:22:8c:fd:6e:e2:41:48:59:55:af.
Please contact your system administrator.
Add correct host key in /home/vagrant/.ssh/known_hosts to get rid of this message.
Offending key in /home/vagrant/.ssh/known_hosts:1
RSA host key for hostname has changed and you have requested strict checking.
Host key verification failed.
[/shell]

sshは接続するときにknown_hostに公開鍵のフィンガープリントをローカルに保存しておいて、次回つなぐときに同じサーバで同じ公開鍵で認証を求められているかを確認するようになっている。

サーバが入れ替わったときとかに発生するが、今回は一回hostsを書き間違えた状態で別のサーバに接続しようとした後に、接続しようとしたので
「前のサーバとちげーぞ、(゚Д゚)ゴルァ!」
されてた様子。
~/.ssh/known_host にフィンガープリントが記述されている

(ホスト名),(IPアドレス) ssh-rsa (フィンガープリント)

これをこのコマンドで削除する
[shell]
ssh-keygen -R (接続先ホスト名)
[/shell]
で削除できる

その後普通にsshするだけ

 - サーバ ,