やきにくとくにきや

WEBサービスとイベントに夢見るエンジニアの技術メモ、チラシの裏。そして焼肉たべたい

CoreServerにsymfony1.4をインストールした

   

CoreServerが安い割に機能豊富で使っていて、symfonyが入ってはいるんだが
バージョンが1.0と言う何とも古い感じなのでpearで入れ直せないかなーと色々やってみた。

■失敗した方法1
苦難が多すぎて忘れてしまった・・・

■失敗した方法2
pearは既に入ってるので保存ディレクトリだけ変えて適当に
アップデートできないかなー、と思ったので

XREAサーバへのsymfonyのインストール方法

を参考にしつつ各ディレクトリ設定を変えてインストールしてみたがダメ
symfonyの書き込みディレクトリ設定はここじゃないのかしら?

■成功した方法
pearをコピーしてコマンドでユーザーディレクトリにインストールする。
多分symfony以外のpearもこの方法でいけそう。

まずはクライアントのホスト名を登録する
f:id:kunikiya:20120317090452p:image

SSHでCoreServerに接続
管理画面のFTP設定に書いてあるアカウントで普通にログインできる

pearをユーザー領域にコピーしてインストール
最新版だとバグでsymfonyが入らないので1.6.2を指定する

チャンネルを登録

バージョンの確認

およ?pearと言う階層が一個深い気がするが、まあ気にしない
気になる方はconfig-createの時に適当にディレクトリを調整すれば良いと思う

パスの設定

.bashrcを作成して以下を記述

反映させる

バージョンの確認

ためしにプロジェクトを作成してみる

http://各ユーザーのホスト/test/web/index.php
にアクセスして
f:id:kunikiya:20120317090451p:image
Symfony Project Created
が出ればインストールはOK

がしかし、symfonyデフォルトで設定されている画像とかは表示されてないと思うのでシンボリックリンクを貼る

アクセス時にindex.phpを指定する必要がないように/virtual/kunikiya/public_html/test/web/.htaccessの最後に

を追記する。

※2012/5/30追記
『No input file specified』というエラーが出るようになったので[mod_gzip_on Off]を追加

http://各ユーザーのホスト/test/web/
にアクセスして
f:id:kunikiya:20120319044351p:image
のようになればOK

pearを使わずにインストールする方法もある
CORESERVERにsymfony1.4をインストールする

 - PHP, symfony