やきにくとくにきや

WEBサービスとイベントに夢見るエンジニアの技術メモ、チラシの裏。そして焼肉たべたい

AIRアプリに自動アップデート機能を実装する

   

デスクトップアプリの自動アップデート機能を普通に実装するとめちゃめちゃ工数がかかるが、
AIRアプリの場合はAirAutoUpdaterという一行で実装できる便利なライブラリがある。

が、しかし、Flex4.5だと多少変わってたのでメモ

公式サイト

AirAutoUpdaterとは

サンプルにある通り一行追記してみる

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<s:WindowedApplication xmlns:fx="http://ns.adobe.com/mxml/2009"
xmlns:s="library://ns.adobe.com/flex/spark"
xmlns:mx="library://ns.adobe.com/flex/mx"
windowComplete="init();">
<jx:AirAutoUpdater url="http://jirox.net/as3/BlurHighlight/version.xml"/>
<fx:Declarations>
<!-- 非ビジュアルエレメント (サービス、値オブジェクトなど) をここに配置 -->
</fx:Declarations>
<fx:Script>
<![CDATA[
]]>
</fx:Script>
</s:WindowedApplication>

f:id:kunikiya:20120530021547p:image
『エレメント "jx:AirAutoUpdater" の接頭辞 "jx" がバインドされていません。』

ふむ

AIRソフトウェアを自動でネットワークアップデート(1行で!)

だそうなので

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<s:WindowedApplication xmlns:fx="http://ns.adobe.com/mxml/2009"
xmlns:s="library://ns.adobe.com/flex/spark"
xmlns:mx="library://ns.adobe.com/flex/mx"
xmlns:jirox="net.jirox.*"
windowComplete="init();">
<jirox:AirAutoUpdater url="http://jirox.net/as3/BlurHighlight/version.xml"/>
<fx:Declarations>
<!-- 非ビジュアルエレメント (サービス、値オブジェクトなど) をここに配置 -->
</fx:Declarations>
<fx:Script>
<![CDATA[
]]>
</fx:Script>
</s:WindowedApplication>

f:id:kunikiya:20120530021548p:image
『"AirAutoUpdater" 宣言は、デフォルトプロパティの型 "Array" にもエレメントの型 "mx.core.IVisualElement" にも代入できないので、<Declarations> タグの中に含まれている必要があります。』

ふむ

ってことで

<jirox:AirAutoUpdater url="http://jirox.net/as3/BlurHighlight/version.xml"/>

<fx:Declarations>
</fx:Declarations>

の中に入れてやる

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<s:WindowedApplication xmlns:fx="http://ns.adobe.com/mxml/2009"
xmlns:s="library://ns.adobe.com/flex/spark"
xmlns:mx="library://ns.adobe.com/flex/mx"
xmlns:jirox="net.jirox.*"
windowComplete="init();">
<fx:Declarations>
<!-- 非ビジュアルエレメント (サービス、値オブジェクトなど) をここに配置 -->
<jirox:AirAutoUpdater url="http://jirox.net/as3/BlurHighlight/version.xml"/>
</fx:Declarations>
<fx:Script>
<![CDATA[
]]>
</fx:Script>
</s:WindowedApplication>

でOK

f:id:kunikiya:20120530155753p:image

 - Flex&ActionScript